スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
プロマスターEX セレクトシリーズ
 2012年5月23日 ホーユーさんから「プロマスターEX セレクトシリーズ」が新発売されます。


既にこの業界に10年以上前に発売され今日日本で一番使われていると言っても過言ではない「プロマスターEX」 明度・彩度のコントロールが簡単に出来るのが一番評価されているんですが、
そのコントロールに更に磨きがかかった新色が今回発売されます。


上のカラー表では見づらいんですが、発売する色味は

・ベージュ9
・ピンク9
・オレンジ9
・レッド9

の合計4色 特にベージュが発売されたのは嬉しい限り。これで「ピンクベージュ」や「オレンジベージュ」と言った淡い色も簡単に作れます。

そしてピンク9・オレンジ9・レッド9ですが、より色味をはっきりさせたいお客様に通常のカラーとミックスしてもらうと色の深みや鮮やかさがだせる色になっております。
当然単品でのカラーをしてもらっても全く問題ありません。 

ここからは個人的見解なのですが、プロマスターに強みとしてある「ミックストーン」 
HY-9 やAO-8 等のカラーなんですが、普通のミックスカラーは色味を増やすと明度が下がるのですが、プロマスターはこのミックスカラーにブリーチ力があるので明度を落とさず彩度が上げられる優れたカラーだったんですが、どうしても色味がはっきりし過ぎていて中々お客様の提案までもっていけなかった感は否めなかったのですが、このセレクトリシーズはお客様にもとっつきやすく、しかも美容師さんも提案しやすいカラーラインナップになったなかなぁ~と思います。
さすがにAO-8 は単品で使わないですが、セレクトシリーズのオレンジ9なら単品でも使えます。

ヘアカラーでもシュワルツコフイゴラ「ペンタ」シリーズも彩度の高いカラーが出てますし、こうした「はっきりした色味」がカラーの新しい風潮になってきているのも背景としてあるからかも知れませんね。

このセレクトシリーズは単なる新色ではなく、製法も独自の製法


高ブリーチ&厚染色のバランスが、プロマスター従来品のアルカリカラーのワンプロセスでは実現出来なかった「純度と厚み」のあるキレイな色を実現する事が出来ます。

プロマスターセレクトシリーズ 夏のカラー提案に使えますよ!
| psgamo-kansai | ホーユー | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2014/04/07 3:32 PM posted by: ゆかり
こんにちは。
為になる記事を楽しく読ませていただいてます(^^)

プロマスターは使ったことがあるのですが、セレクトカラーはないんです。

もし、N10/13の上からピンク9をのせるとどピンクになってしまうのでしょうか?
ベージュ9とピンク9を1:1でのせたほうがピンクブラウンぽくなるのでしょうか?
2014/04/09 9:47 AM posted by: ゆかり様
ご質問有難うございます。
セレクトカラーはどちらかというと新生毛が対象のカラーになってます。ご質問の通りで
N10/13の上からこのカラーを塗布するとドピンクになってしまう可能性が高いです。
しかも色を鮮やかにする為にアルカリ度も高めに設定されているので、髪のダメージもあります。 出来ればピグメントをご使用頂いた方が得策かと思います。
このカラーはポイントでハイライトの時に使用したりするのが一番このカラーの特色を発揮できると思います。
2014/04/10 7:00 PM posted by: ゆかり
ご返答ありがとうございます!

ダメージがかなりあるのですね!
発色良いのはたいへん助かるのですが^^;

新生部をn10/13+ピンク9 2:1 OXY6%2倍

13レベルのかなりダメージした毛先を
n9/8+ピンク9 2:1 OXY4%

でやってみました。

結果毛先のほうが鮮やかになってしまったので、
根元は1:1でもよかったかなー?という感じでした(^^)

ダメージが確かに、、(・・;)
元からすごかったですが…^^;

もしピグメントだったとしたら、ここまで残ってくれたか心配ですT^T
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://b-conproducts.jugem.jp/trackback/67